四柱推命の命式を解説するために必要な基本的なこと

四柱推命とは?

四柱推命とは、生まれた年・月・日と生まれた時間を四本の柱とし、木・火・土・金・水の陰陽五行に分けられた十干と十二支で「命式」というものを作成して、その人に起こるであろう、あらゆる事柄・事象を推察・想像するというものです。

四柱推命は、命式の日干を取り巻くすべての陰陽五行との関係や、巡ってくる陰陽五行の十干や十二支との関係を見て、起こるかもしれないいろいろな事象を想像する、という非常にシンプルなものです。

しかし、こうなればこういう結果が出ると断定されるような鑑定のマニュアルは一切ありません。

管理人が最初に習った四柱推命は、通変星と十二運、そして「天乙貴人」や「紅艶」などの「神殺」に加え、難しい名前の「特殊格」など、たくさん当てはめてみる占い方法で、ややこしいおのでした。

しかし、現在使っている鑑定方法は、基本的に陰陽五行の十干支で見るだけですから、とてもシンプルというか、簡単になっています。
 

ここでは、四柱推命の基本的なこと、命式を鑑定するために必要な、陰陽五行やその性質、鑑定する準備などについて解説させていただきます。

命式とは?

例・芸能人の命式

天干とは?

一番上の列がの天干と言います。

それぞれ、年干・月干・日干・時干と表現します。

年干・月干・日干・時干の命式全体で自分自身を表します。

日柱の天干を日干(にっかん)といい、命式の中で自分自身を表しますので、この日干の五行を中心に見るということを、覚えましょう。

命式の十干十二支のすべての関係が、その命式の基本的な性質を表します。

地支は、毎年の干支でおなじみの、十二支で成り立っていますが、「ねずみ」や「とら」などの動物を表すものではなく、十二支も陰陽五行の意味があります。

それぞれ年支・月支・日支・時支と呼びます。

蔵干とは?

蔵干というのは、十二支の中に含まれている十干のことです。

たとえば、未は土の五行ですが、土だけではなく丁火・乙木・己土が含まれているとされています。

流派によっては、未を土・己としか見ないなど、蔵干に含まれている他の五行を無視している四柱推命も多いですが、十二支に含まれている蔵干には意味がありますので、含まれている五行は全部見る必要があると考えています。

まずは、日干を自分自身として、日干を取り囲んでいるすべての五行のあらゆる関係を見るということです。

ところで、五行が並ぶ・八字ともいわれるこの命式だけで、一体何がわかるの?と疑問を持ちませんか?

まずは、日干を自分として、日干・自分を取り囲んでいる命式の中の他の五行とのあらゆる関係を見てみましょう。

日干(自分)と命式の他の五行との関係を見ることによって、自分が生まれた時その生活環境・父母との関係やその他の先天的な状態が解るのです。

まずは、誕生日から導き出した命式に出た、これらの五行同士の関係が何を意味しているのか、読み解く方法を覚えることから始めましょう。

命式を読み解く順番

命式を読み解くために必要な順番をおおまかですが、書いてみました。

1・命式の変化を確認する。

干同士、支同士で法則によって命式に変化が無いかを見極める。

変化があった場合は、変化した後の命式を書く。

変化した後の命式でも、それで決まりという事はなく、大運・年運で元の命式に戻ることがあります。

2・生まれた月の五行を確認する。

それによって、命式の中の五行が何が旺じて、どの五行が弱いのか(旺相死囚休)で確認する。

命式の五行の強弱がわかりますから、必ず確認しましょう。

3特別な見方の命式ではないか判断する

変化させた後の命式をみて、命式は特別な見方をする「特別格局」かを判断します。

特別な「格」の時は、普通の見方はできませんので、厳密に判断しなければなりません。

  (詳しくは、特別格局で、説明します。)

4・日干の強さを確認する。

身旺・身弱・中和の判断をする。

旺相死囚休を考慮しながら、命式の五行の数を確かめます。

五行同士の相生・相剋・幇・五行の変化によって、五行の強弱を確認します。

5・日干にある十干の性質を理解する。

生まれた季節で日干にとっての調候を知って、命式にあるかどうか確認します。
調候とは、季節によって必要・不要な五行があります。

それによって、日干・命式への影響を見るのです。

日干が命式の中で他の五行からどのような影響を受けているか確認します。

日干を相生する星=印 
日干と剋する星=官殺・財 
日干と幇=比劫)
(欠乏する五行・弱い五行・多い五行・などを確認するします。

6・良い五行と悪い五行を確認する。

日干の十干の性質と五行の強弱を考んがえながら、日干や命式全体にとって、良い五行と悪い五行を確認する。

良い五行とは、必要な五行・バランスを整える五行・良い働きをしている五行など。

悪い五行とは、不要な五行・バランスを崩している五行・良い五行を弱めている五行などを見極めます。

以上のことは、3の項目を除いて命式が変化する前の元の命式も見ておきます。

大運や年運で、元の命式に戻る事があります。

変化したことによって、命式が良くなったのか・悪くなったのか?を判断します。

7・大運や年運で命式が変化することがある

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました